六合会診療所・針灸院

勉強会のお知らせ 2018年5月20日(第3日曜日)

午後1:30〜4:30 (視力センタービル4F)

 

 

1)チベット四部医典 第二部第6章 「」身体各部分的区別」
童年→社年→老年の区別、龍(vate)、赤(pitta)、培根(kapha)の特徴による区別など。
中医学の体質学(参考文献 王先生の本)や、韓国ドラマ李済馬先生の四象人(大陰、太陽、小陰、小腸)なども関連させながら、広く勉強するきっかけになるように説明しますので、興味を持ってご参加下さい。

 

2)夏野菜 (きゅうり、ゴーヤ、ナス、トマト)で夏を元気に乗りこえるための勉強。

 


京都の漢方医学研究所、六合会診療所、、京都アユールヴェーダ研究会

連絡先
tel 075-411-1165
fax 075-411-1230

Traditional medicine, Kampo medicine ,Traditional Chinese medicine, Herbal medicine, Acupuncture in Kyoto

Rokugoukai Clinic and Rokugou Acupuncture are located in the Kitaoji area in the northern part of Kyoto city. Over 25 years, we have been working on traditional medicine, Kampo medicine ,traditional Chinese medicine, herbal medicine, acupuncture,etc. Dr.Nakano’s English, and also four acupuncturists correspond to foreign languages (English, Spanish, Chinese).

 

Please feel free to contact us.

 

http://rokugoukai.com/shinryo_en.html


※( Dr.Nakano, a director of Rokugou Clinic, graduated from Kyoto University ,Medicine, trained in surgery, anesthesiology department, and chest surgery, and he was active as a surgeon. After his career he studied Oriental medicine over 35-years.)

アトピーにステロイドはいらない 著者 中野勝輝 出版社(緑書房)


1995年に出版された「アトピーにステロイドはいらない」

六合会診療所にて数冊のみ在庫有ります。


2Pより引用  「アレルギー性疾患については、現代医学者達の精力的な研究により、その実態が次第に明らかになってきておりますが、まだ、根本的な解明には至らず、したがって治療法も対症療法に傾かざるを得ない状態であります。そのため、ステロイド剤の乱用となりひどい副作用に悩む患者さん達から現代医学への強い不信と不満が爆発し、訴訟問題まで起こってきたわけであります(中略)しかしここに画期的な救い主が現れました。それがこの書の著者、中野勝輝先生であります。先生は現代医学者として、アレルギー性疾患に対する現代医学的治療法の長所も、また短所もよく理解された上で、東洋医学の英知を活用することによってアトピー救済への独自の治療を開発されたのであります。ステロイド剤の副作用で悩む患者さん達にとってはこの書物こそ、安心と希望の光りを与えてくれる「宝」となるであろうことを信じて疑いません。」 甲田医院院長 甲田光雄
 
(六合会診療所内 物品コーナーより) 


※院長の中野勝輝は、京都大学医学部卒業後、外科、麻酔科、胸部外科を研修し、外科医として活躍。西洋医学一辺倒ではいけないと、東洋医学の勉強をはじめる。京都大学医学部病理学教室で発癌実験及び死体解剖資格取得。東洋医学では、インド、チベット、中国の伝統医学の根幹的共通性について、古典医学書の整理をしている。日々の診療は、京都の六合会診療所で漢方治療を行なっています。

 


 

 

 

勉強会のお知らせ 2018年4月15日(第3日曜日)

13:30〜16:30 京都視力センタービル4F
※4月は第2の定例日ではなく、第3日曜日に変更されます。

 

1)花粉症、鼻炎、鼻の後鼻漏の漢方治療及び、アユールヴェーダの経鼻オイル治療


2)チベット四部医典、第二部 論述本 第5章

 

(興味のある方はご参加下さい。参加費無料)

 

 

六合会診療所、漢方医学研究所
京都アユールヴェーダ研究会

 

TEL 075-411-1165
FAX 075-411-1230

 

医師 中野勝輝 (京都 六合会診療所院長)

勉強会のお知らせ 2018年3月18日(第3日曜日)

3月の勉強会は定例の第2日曜日ではなく、第3日曜日です。
13:30〜16:30 京都視力センタービル 4F

 

 

1)チベット四部医典 第二部論述本 第4章
  「身体各部的正常状況」
  

  •血脈 初成脈、依存脈、連結脈、寿脈、命脈を中心に

  •Marman

 

 

六合会診療所、漢方医学研究所
京都アユールヴェーダ研究会

 

tel 075-411-1165
fax 075-411-1230

 

中野勝輝まで

勉強会のお知らせ 2018年 2月11日 (定例 第二日曜日)

午後1:30〜16:30 京都視力センタービル 4F

 

1)チッベト四部医典 第二部論述本 第一章(緒論)
第二章(身体的形成)

 

六合会診療所 漢方医学研究所
京都アユールヴェーダ研究会

 

電話 075−411−1165
ファックス 075−411−1230

 

担当 中野勝輝 

勉強会のお知らせ 2017年12月、2018年1月

※12月はお休みです。

 

2018年1月14日(定例 第2日曜日)
1:30〜16:30 視力センタービル 4F

 

 

1)  チベット四部医典、第六章 喩義
    (第2部論述本 第三章身体的喩義)


2)東洋医学の臨床実践の場として、専門医に必要な「50症例一覧」「10症例の詳細報告書」などの作成などに六合会診療所の診察、研究、勉強会などを利用できる制度のプラン説明。

 


六合会診療所 TEL075−411−1165/ FAX075−411−1230 
漢方医学研究所/京都アユールヴェーダ研究会

11月19日 (第3日)※定例の第2日曜はなしです

13:30〜16:30 視力センタービル4F

 

1)チベット四部医典5章「治療」
飲食、起居、薬治、外治の4種

 

2)日本、キューバ統合医療シンポジウム(2018年9月)にむけて。
キューバ型医療モデルと日本の皆保険

 

3)心臓病ー心不全

 

 

六合会診療所 漢方医学研究所
京都アユールヴェーダ研究会

 

連絡先
六合会診療所 075−411−1165
中野まで

勉強会のお知らせ 2017年10月15日(第3日曜日)

場所 京都視力センタービル
時間 13:30〜16:30

 

※10月は定例の第2日曜日でなく、第3日曜日にさせて頂きます。
内容は9月の続きです。

 

 

六合会診療所
 

勉強会のお知らせ 2017年9月10日(第2日曜日)

時間 1:30〜4:30
視力センタービル 4F

 

1チベット四部医典 4章(弁証)
 龍病、赤巴病、培根病の舌診、尿診、脈診、問診ー38種の察病法について

 

 

2心臓病 狭心症について

 


3来年(2018年)9月予定の日本ーキューバ統合医療シンポジウムにむけて

 


漢方医学研究所
京都アユールヴェーダ研究会
連絡先 六合会診療所まで